埋没毛ができる原因と肌の保湿が重要となる埋没毛の処理について

厄介な埋没毛について

埋没毛について考える女性
埋没毛は、肌を保湿せずに自己処理を施すことにより出来やすくなります。

そのため、剃刀ならば剃る前に肌を保湿することで肌を傷つけにくくなりますが、毛抜きだと保湿しても肌に強い刺激を与えることになります。

その影響により、埋没毛は剃刀で剃るより毛抜きで毛を抜く方が出来やすくなります。

また、脱毛ワックスや脱毛テープでも自己処理を施すことができますが、毛を抜くと同時に毛の周りの皮膚を引っ張ることになります。

なので、皮膚が引っ張られることにより肌が赤く腫れるだけでなく、埋没毛を進行させる原因に繋がります。

肌を保湿することが大切

埋没毛を自己処理によって対策する場合は、肌を保湿することが大切となります。

なぜなら、肌の保湿を怠ると肌のトラブルが起こるだけでなく、肌が乾燥した状態になるからです。

なので、埋没毛の処理において肌の保湿は、肌の乾燥によって古い角質が溜まる恐れを無くすことに結びつきます。

他にも、肌の乾燥はシミや色素沈着の原因にもなるので、埋没毛が悪化して毛嚢炎や色素沈着になる可能性があります。

また、埋没毛の処理を入浴後に行う時は、処理を行う前にローションを塗ることで肌を保湿することが埋没毛を対策するのに欠かせません。

つまり、肌の保湿を怠らなければ埋没毛が進行しにくくなるだけでなく、肌のトラブルが起こるのを防ぐことも可能となります。