自分で脱毛する

家庭用脱毛器センスエピ

katei美容室で家庭用脱毛器センスエピを購入し使っていました。購入の理由は自分でできること、金額、照射面積が大きいことです。でも自分でするのはかなり疲れます。照射した部分としていない部分が分かりにくいので同じ部位に照射してしまうこともありました。照射面積が大きいといっても、足や背中など面積が大きいところはかなり時間がかかります。カートリッジの寿命は20000発で美容室で5000円くらいです。足と腕を週に1回施術し、2ヶ月ほど続けるとかなり毛量が減ってきたので、それ以降は使用していません。全身するつもりでしたが、面倒なので続きませんでした。根気よくできる方にはコスパは良いと思います。

脱毛してから2年くらい経ちますが、毛量は増えることなく減ったままです。痛みはほとんどありませんでした。サロンで脱毛したことがあり、サロンでも痛みはあまりありませんでしたが、こちらのほうが痛くなかったです。剃り残した毛があると少し痛みがありました。友人に貸しましたが、彼女は使用した日から2〜3日赤くなって痛みがあったので人によると思います。使用した後はサロンで販売しているジェルを塗って、しっかり冷やしたほうがいいと思います。

私が買ったセンスエピは2回ほど調子が悪くなり、購入した美容室で交換してもらったので、購入する時は信頼できるお店で購入するこをとおすすめします。

メリット・デメリットはありますが、結果的には購入して正解だったと思います。友人から返ってきたら気合を入れて全身脱毛をしようと思います。

【女性 30代 新宿在住】

新宿脱毛口コミランキングなび@安い&効果のある脱毛サロンはここだTOPへ

除毛クリームを使って脱毛する方法

jomo除毛クリームにはその名の通りクリーム状ですが、それ以外にもジェルや乳液タイプのものがあります。タイプに以外はありますが、基本的な使い方と効果にはあまり差はありません。

このクリームにアルカリ性の成分があり、それが毛のタンパク質を溶かして除毛するという仕組みになっています。

除毛クリームで脱毛するメリット

メリットとしてはまず「体に傷をつけてしまう」という心配が少ないことです。
剃刀の場合どうしても刃物を使うことになるために皮膚を切ってしまう恐れがあります。また吹き出ものなどがあった場合その部分を避けて剃るということが難しく、余計に傷をつけてしまう可能性も無いとも言えません。
その点除毛クリームの場合は必要な部分に塗ってしばらく放って置くだけで毛が溶けるため怪我の心配は皆無になります。
そして脱毛後の肌もツルツルで、剃った後も毛の切り口が無いため毛穴が目立たないということもあり、伸びて目立ち始めるまでの期間が剃った時よりも長くなります。
さらに除毛はお風呂で行うことがほとんどですが「塗る」「数分待つ」「流す」というだけなので、所要時間が短時間で済むことも魅力のひとつです。

除毛クリームで脱毛するデメリット

毛の主成分であるタンパク質を溶かすということは同じタンパク質で構成されている「肌」にも少なからず影響するため、敏感肌や肌荒れを起こしている場合には余計に症状を悪化させることも考えられます。また脱毛する場所の毛質によって溶けにくい場合があるため、一回で全て処理出来ないこともあります。

また使う場所や毛質にもよりますが、一回に使う量が多くなるため剃刀に比べてコストパフォーマンスは悪いと言えるでしょう。

新宿脱毛口コミランキングなび@安い&効果のある脱毛サロンはここだTOPへ

家庭用脱毛機を使って脱毛する方法

katei5以前は脱毛サロンでの脱毛を行っていたのですが、サロンまで通うのに時間がかかったり、3か月先の予約を取ったりといったことが面倒になり家庭用脱毛器を購入しました。
家庭用脱毛器はサロンの機械と違い、光の出力や種類の違いの為に脱毛力が落ちるという特徴があるようです。
しかし、その分サロンのように3か月も間を空けずに使用することができるため、回数を重ねることができ、実際に毛が生えている期間が少なくてすみます。

家庭用脱毛機を使うメリット

家庭用脱毛器は、脱毛時の痛みや肌の状態に合わせて自分で光の強さを調節できるという利点があります。
また、家庭用脱毛器を使用していて一番良かった点は、好きな時間に自宅で脱毛をできることです。
サロンに通っていた時には、3か月も先の予定を入れ、急な用事があるとキャンセルして、またさらに先の予約を入れなければいけませんでした。

しかし、家庭用脱毛器を買ってからは、自分の都合に合わせて脱毛することができるため、先の予定を気にせず使用できます。そのほか、サロンでは脱毛個所によって値段が設定されていることが多く、ついでにここもやって欲しいと思うと追加料金が発生してしまいますが、自分で脱毛するため指の毛など少し気になると思った小さな箇所も簡単に脱毛できます。

家庭用脱毛機のデメリット

実際に使用して感じたことは、私が使用している機械はフラッシュ脱毛のため、使用の際に光が目に入らないようにサングラスをかけるなどの注意が必要で煩わしかったり、自身で行うため見えにくい場所や脱毛し忘れたりする箇所があるということです。
また、背中などの手が届かないような場所をどうしても脱毛したい時には家族などの助けが必要になります。

新宿脱毛口コミランキングなび@安い&効果のある脱毛サロンはここだTOPへ

ワックスを使って脱毛する方法

waxワックス脱毛はワックスと言われる、とろみのある液状のワックスを使った、無駄毛処理法の1つです。
ワックスで無駄毛をからめ取り、剥がす事で無駄毛を脱毛します。
エステサロンでも受けられる他、ワックスなど必要なアイテムを購入すれば、自分で処理する事も可能です。

ワックス脱毛のメリット

ワックス脱毛は無駄毛が生えてくるまでの期間が、他の自己処理法に比べ、長いという点がメリットです。
カミソリで除毛した場合、皮膚表面に出ている無駄毛を剃るだけなので、次の日には無駄毛が伸びたように感じる方も多いでしょう。
ワックス脱毛は無駄毛を抜いて処理する為、個人差はありますが約10日間前後、無駄毛の無い肌をキープできます。

また、ワックス脱毛では古い角質も、無駄毛と一緒に処理できます。
処理後、肌がスベスベとなる点も、ワックス脱毛のメリットです。

ワックス脱毛のデメリット

ワックス脱毛はワックスでに無駄毛をつけ、剥がす事で処理します。
ですので、ある一定の長さ無駄毛が伸びていなければ、ワックス脱毛で処理できません。
無駄毛を5cmから1cm程度、伸ばさないと処理できないという点は、デメリットと言えます。

また、無駄毛を抜く処理法なので、痛みを感じるケースも多いようです。
繰り返しワックス脱毛を行ううちに、痛みには慣れるかもしれませんが、特に脇やVラインといった
無駄毛が太い場所は、強い痛みを感じやすいと言われています。

新宿脱毛口コミランキングなび@安い&効果のある脱毛サロンはここだTOPへ

毛抜きで脱毛する方法

kenuki5自宅で、思いついたときにすぐその場ででき、一本ずつ根元から抜くことができるので気分がすっきりするのが毛抜きを使用した脱毛の特徴です。

毛抜きで脱毛するメリット

最大のメリットは、自宅で自分でできることです。他の脱毛に比べてコストがかからないし、時間も自由です。手足を眺めていると、伸びかけの数本や、剃り残しなど気になるムダ毛を発見していてもたってもいられないことがありますが、そんなとき毛抜きなら、すぐに抜いて解消できるので気分もすっきりです。脇などでも、鏡さえあれば自分で抜くことが可能です。根元から抜けるので、次に生えてくるまで時間がかかるのもメリットだと思います。

毛抜きで脱毛するデメリット

最大のデメリットは傷になりやすいことです。毛抜き自体で肌を傷つけてしまったり、無理に力を入れて抜いたら毛穴が炎症を起こしたりと、肌トラブルになりやすいです。傷口が化膿して跡に残ることもあります。そうすると数ヶ月は見た目に響く上に、治すために、皮ふにクリームを塗ったりと返って手間がかかります。肌のことを長期的に考えるなら毛抜きでの脱毛は極力しないほうがいいと言えるでしょう。あとは、届く範囲が限られるのもデメリットです。足の裏のほうや、背中側などは自分で手が届きません。また、細くて柔らかい産毛のような毛は、つかむことが難しく、途中で切れたり、上手く抜けなかったりします。

新宿脱毛口コミランキングなび@安い&効果のある脱毛サロンはここだTOPへ

カミソリを使って脱毛する方法

kamisori3カミソリ脱毛は、家庭で行うムダ毛の自己処理の中でも最もポピュラーな方法です。
刃の付いたヘッドを肌に直接当てて、皮膚を少し引っ張り上げながら毛流れとは逆の方向に剃っていくのが一般的なやり方です。
又、基本的にカミソリ脱毛する前は、肌を保護して滑らかな剃り心地を促すためのシェービングクリームを塗るのが鉄則です。
カミソリ脱毛後も化粧水や乳液で十分保湿するスキンケアを行うのが正しい知識で、剃った箇所の乾燥に十分気を付ける必要があります。
尚、脇や腕など剛毛が生えやすい部分にはT字型のカミソリ、産毛にはL字型のタイプを利用するのが推奨されています。

カミソリ脱毛のメリット

カミソリで脱毛するメリットは、先ず最も経済的に自己処理が出来るという点です。
カミソリは近所の百円ショップやスーパーなどでも500円以下から安く手に入りますから、替え刃を幾つもストックしておけば、脇や腕のみならずデリケートラインや足なども自分で何度も施術ができるというのが大きいです。
又、脱毛時間が大変短い点もカミソリ脱毛の第2のメリットです。
カミソリ脱毛は、シェービングクリームをムダ毛処理をしたい箇所に塗ってから剃ってスキンケアして完了という流れになるので、除毛クリームやワックスを使った脱毛のように一定の放置時間が要らず、手早く仕上げられるのも多忙な人の味方です。

カミソリ脱毛のデメリット

カミソリで脱毛するデメリットとしては第一に、エステの光脱毛器や医療レーザーのように長い脱毛効果が維持できない点があります。
カミソリ脱毛というのは、あくまで皮膚表面上から出ているムダ毛だけを削り取る作業になるので、発毛を促す毛根にまで効力がありません。
よって、処理した2,3週間後には再び新しい毛が生えてくる事が多く、その都度自分で抑毛する対処が必要になってきます。
又、カミソリ脱毛の場合、深彫りによる剃刀負けや逆剃りを行ってしまうと、直ぐに角質や毛穴が傷ついて赤みの炎症や痒みを引き起こすリスクが高い点もデメリットです。

ですから、肌が弱い敏感肌の人やカミソリを扱うのに慣れてない人には、あまり向いてない脱毛法とも言えます。

新宿脱毛口コミランキングなび@安い&効果のある脱毛サロンはここだTOPへ